Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nissin-yokohama/www/cms/wp-includes/post-template.php on line 284
知って納得!車検費用の相場と内訳について | 車検・コーティングなら日新商事横浜店【公式サイト】

日新商事(株)横浜支店

日新商事(株)横浜支店

日新商事横浜支社

知って納得!車検費用の相場と内訳について

1.車検について

1-1.車検を受けられる期間

車検の費用と相場についての前に基本的な情報として車検を受けられる期間をここでは説明致します。車検を受けられる期間は、車検満了日の一か月前から受けることができます。 ※一か月以上前からでも車検を受けることは可能です。その場合は検査を受けた日が次回の車検満了日になってしまう為、 余程の理由がない限り一か月前からの実施が良いと思います。 (例:満了が4月1日の場合、3月中に車検を行っても満了は4月1日扱いになります。) ※当ブログ「:車検を受けられる期間は?車検の期限が切れるとどうなるの?」でもご覧いただけます。

1-2.車検の期限が切れるとどうなるの?

そんな場合は、役所に行き仮ナンバーを発行すれば公道を走行する事が可能です。ただし一時的に移動する為なので、何日間も運転が出来る訳では無く車検場に車を持ち込む為など利用目的以外の走行は認められません。万が一車検切れの状態で事故を起こした場合、違反点数は6点、免許停止30日間、6ヵ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が発生致しますので無理をせず当店などにまずはご相談ください。自賠責が切れている状態で公道を走行した場合、違反点数12点、90日間の免許停止、1年半以下の懲役、または80万以下の罰金が科せられます。ただし整備工場の敷地内や自宅の敷地内の移動だけは可能になります。 仮ナンバーなどの発行など必要な場合は、最初に当店など車検が出来るところへ連絡をしてください。 ※こちらも当ブログ「車検を受けられる期間は?車検の期限が切れるとどうなるの?」でもご覧いただけます。

2.車検の費用について

2-1.法定費用と内訳について

車検には法定費用というものがあります。自賠責保険料、重量税、印紙代がかかってきます。
下記の図でも表記していますが車の重量などにより金額は変わってきます。
自賠責保険(正式名称は自動車損害賠償責任保険証明書です。)は自動車の所有者が
必ず加入をしなければならない保険です。車検の時には、自賠責保険の保険期間が
車検有効期間まで有効でないと車検証の交付を受ける事が出来ません。ですから
必ず加入をしなければなりません。次に重量税は、自動車の区分や重量そして経過年数に応じて課税される税金です。
そして最後に印紙代がかかります。

【法定費用24か月】

 

 

※2018年4月現在

※8ナンバーは別途費用がかかります。

 

2-2.車検基本料金(点検検査整備代)について

車検法定費用とは別に車検を受けるために必要な点検・整備を行うための費用です。
この費用は整備工場、ディーラー又はご自身の対応などで費用が異なってきます。
では何をするのかといいますと車検を通す為の予備検査を行います。
おおまかに8個の項目(・エンジン回り・電気装置・ブレーキ回り・ハンドル回り・
動力伝達装置・タイヤ・足回り・排気ガス防止装置・その他)を、テスターを使用して検査を行います。

※車検と定期点検の違いについては「自動車の車検と定期点検(法定点検)って何が違うの?」いるので参考にしてください。

3.車検の相場について

【ディーラーの場合】

ディーラーに車検を依頼するメリットとしては、当然メーカーが指定している販売店なのでメンテナンスなどにおいても信頼性とメーカー基準の車検が受けられることが可能です。また、メーカーの純正パーツを使用して部品や消耗品の交換を行います。設備も充実しているのも利点です。しかしメーカー基準の為に、設備・パーツなどはしっかりしている分、費用もそれなりに反映されてしまうために割高になることがあります。

 

【整備工場の場合】

ディーラーとは違いひとつのメーカーのみの対応ではなく幅広い車種の対応が可能です。それだけに対応力もあり
適切なパーツなどを使用して整備する事が可能です。
パーツなど必ずしも純正を使用するわけではないので費用も利用者の要望に応えらるケースが多いです。
ただ、スタッフの知識や経験によって車検の質にバラつきが出ることも・・・
サービスに関しても代車の用意がなかったり、時間の融通が利かなかったりなどの問題もあります。

 

【カー用品店の場合】

 パーツやオイルなど商品を多数抱えているので要望や指定を多岐にわたり対応が出来る事がメリットです。
そして整備工場同様に幅広い車種の対応も可能なので依頼をしやすいです。一方で整備スタッフの質で考えますと
ディーラーや整備工場と比較をすると整備品質は落ちてきます。そして車は持ち込みなので待たなければならないです。

 

【一般的なガソリンスタンドの場合】

ガソリンスタンドを車検に利用するメリットは、立地の良さ、費用面、対応車種が幅広く
気軽に依頼が出来るところです。しかし、代車も用意されていなかったりなど不便な面もあります。

 

日新商事のエネオスDD(ドクタードライブ)車検の場合

1.「国家資格整備士」が常駐。

各サービスステーションには「国家資格整備士」が常駐しております。
オイル交換から各種法定点検、その他特殊な作業などを社員であるプロの整備士が実施いたします。
厳しい国家資格を取得した整備士が「豊富な現場経験から培った幅広い知識と確かな技術」
そして「プロの目と的確な判断力」で、お客様のお車を隅々まで丁寧に点検いたします。

 

2.国土交通省運輸局の認証整備工場も多数ございます。

車検は、国土交通省運輸局認証整備工場にておこないます。
通常、自動車の「分解整備」を行おうとする場合は、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません。
(道路運送車両法第78条第1項)
一定の規模の作業場と作業機械、分解整備に従事する従業員を有する工場として運輸局より
認証されてこそ、安全で安心の車検をおこなうことができるのです。

 

3.ディーラーと同品質の車検を低価格で実現。

国家整備士が常駐して整備にあたっており、社内の高い整備基準を基に整備を行うので安心です。
そして、車検受注も多く上記のガソリンスタンドのメリット同様、費用面や対応車種の幅広さも強みです。
さらに複数の割引サービス、オイル交換無料もしくは超撥水洗車が無料です。基本的に1日で車検が完了します。
代車も用意しておりますので車検時にお車が必要なお客様には無料で貸し出しを行っています。

日新商事エネオスDD(ドクタードライブ)車検はお客様に満足いただける体制でおまちしております。
車検をご検討のお客様は下記からお近くの店舗にご連絡下さい!
早割りの特典もありますので、まだ車検までお時間のある方もぜひ、ご相談ください!!

横浜・川崎・鎌倉の神奈川エリアの車検なら当店へご相談ください。